進路速報!!

高い志を持って努力した結果が出ました。

平成30年度進路速報

岡山大学 農学部 総合農業科学科 1名合格(農業科)

岡山済生会看護専門学校 1名合格(家政科)


平成29年度進路速報

岡山理科大学 教育学部中等教育学科 1名合格(農業科)

倉敷市役所 1名合格(農業機械科)

鶏のと殺・解体実習

と殺実習の説明

畜産の担当の先生から方法を学びました。

解体中

順番通りにと殺した鶏を解体していきます。

うまくできたよ

2人で相談しながら上手に解体できました。

試食

解体した鶏を塩と胡椒で味付けし、みんなで試食しました。

農業分野におけるICTの活用について学ぶ

2月4日、ヤンマーアグリジャパンの方を講師に迎え、農業科2年生がスマート農業について学習しました。無人トラクターとドローンの農業分野での活用について説明を受け、実際に圃場での試運転を見学しました。ドローンは、GPSをキャッチしながらプログラム通りに飛行させることができ、上空から撮影した写真は鮮明で、画像解析すると作物の栄養状態が把握できるとのことでした。

ヤンマー農機製造株式会社のプロから学ぶ

 

プロから学ぶ

平成31年1月29日(火)10:30~12:40。ヤンマー農機製造株式会社の講師の先生から国内の農業事情や稲作の動き、 農業機械の説明、最新農業機械ロボットトラクタについて学習しました。

農業機械の説明

学校にヤンマー農機製造株式会社が3台の農業機械を持ってきてくださり、操作方法の説明を受けました。

田植機の試乗

畑で田植機に乗り、前進・後進・旋回を体験しました。速いスピードで運転できました。

大型コンバインの試乗

大型コンバインに乗車しました。 小回りが効いて旋回もとてもスムーズでした。 
高い位置からの運転は緊張しましたが、わかりやすい説明で上手に運転することができました。

大型乗用トラクタの運転

大型トラクタも操作方法を聞いてから、実際に運転しました。いろいろな機械に乗ることができてとても良い経験になりました。ご準備・ご指導ありがとうございました。

農業科作物類型2,3年生の恒例のもちつき大会

もちごめを蒸します

平成30年12月27日(木)にもちつき大会をしました。まず、自動もちつき機でもち米を蒸します。

 

 

赤米のもちつき

紅染もちの赤米を石臼を使ってもちにしました。

丸めます

赤米もちを片栗粉をつけて丸もちにしました。丸めるのは難しいけどだんだん良くなったね。

担任の先生も

農業科3年の担任の先生もいっしょにもちをつきました。
拍手がおきていました。

最後のもちづくり

農業科3年作物類型で取り組んだもちづくりもこれで最後です。

試食

きなこもちやあんもちにして味わいました。
みんなで作ったおもちは最高です。師走の農業科作物部の実習の紹介でした。

1月農業科農場アラカルト

コメの調査

千粒のコメの重さを求めるため、みんなで手分けしてコメの数を調査しました。

米の食味調査

「農業と環境」の授業で、ひのひかり、朝日、にこまるの3品種の米を炊飯して、食味調査に取り組みました。

常用トラクタの運転

前進や後進、S字走行の練習をしました。初めての運転に緊張しました。

打ち上げ

作物を3年間栽培してきました。最後にみんなで学校の米と卵を材料に、カレーライスで試食会です。

米粉ホットケーキ

学校で栽培した高アミロース米「ふくのこ」と卵を使ってホットケーキを作りました。

たまこで販売

2年生がたまこデビューしました。うまく販売ができるか緊張しました。

課題研究発表会が行われました。

1月17日、18日と2日に渡り、農業科・造園デザイン科・農業機械科3年生による課題研究発表会がそれぞれの会場で行われました。農業科では、果樹・畜産・作物・野菜の分野から16題の発表があり、造園デザイン科では、生活環境類型・庭園施工管理類型・造園工学類型から9題の発表がありました。また、農業機械科では、6つのグループから発表がありました。3年生は、自分たちで作成したパワーポイントを使ってわかりやすく報告を行い、聴衆している後輩にその成果を伝えていました。アカデミックな取り組みやコツコツと取り組んだ作品作りの紹介などがあり、流石3年生だと思いました。

師走の農業科の実習風景を紹介します。

もみの調査

比重1.06の食塩水に浸けて浮いたもみを数え登熟歩合を求めます。

 

社会人講師の授業

黄ニラ大使の植田輝義先生から農業について学びました。

お米の配布

ファミリー稲作体験会で一緒に田植えをし、収穫をした自然乾燥朝日米4kgをご家族にクリスマスプレゼントしました。

もみがらの運搬 

水田にもみがらを入れるために袋詰めしたもみがらを運びます。

モミサブロウ

もみがらをトラクタの後ろの機械に入れて、水田の土の中に入れていきます。土作りと排水対策に行います。

精米ができた

科目「農業と環境」の授業で収穫した精米を袋づめしました。冬季休業中の課題として各家庭に持ち帰り、炊飯して試食します。

 

黒大豆の脱穀

正月用の丹波黒大豆の茎葉をビーンハーベスターにかけて、黒大豆だけにしました。

黒大豆の調整

正月用の黒大豆の調整です。しわ、割れ、未熟粒を取り除きました。

試食

学校で栽培した朝日、にこまる、きぬむすめを炊飯器で炊いておにぎりにして試食し、人気投票をしました。

たまこで販売

クリスマスの12月25日、アンテナショップ「たまこ」で草花苗、卵、米、トマトなどを販売しました。

赤米の脱穀

紅染もちの赤米を小型もみすり機で玄米にしました。