被服デザイン科 製作発表 in 沖縄②

平成31年1月20日(日)

沖縄 那覇の気温23℃。少し動くと蒸し暑く感じます。

いよいよ国際通りでのファッションショーです。
しかし、残念なことに、開始2時間くらい前から、突然の雨(スコール)!
地元商店街や岡山県関係者など大変多くの皆様が必死に準備を進めてくださり、国際通りでのショーは実現できませんでしたが、国際通りに近い、アーケードのある平和通り商店街で、14:30~1回のみの公演を実施することができました。
温かい拍手をいただきながら、16名の生徒たちはとても輝いていました。

]

今回の沖縄での製作発表にあたり、ご尽力いただきました関係の皆様に、心より感謝申し上げます。

被服デザイン科 製作発表 in 沖縄①

平成31年1月19日(土)

被服デザイン科3年生16名は、岡山空港から予定通り沖縄へ到着しました。出発時、気温0℃だった岡山とは違い、沖縄は気温20℃。暑くも、寒くもなく、ちょうど良い気候です。

昼食に沖縄そばをいただき、活動開始です。

まずは、明日のファッションショーに向けての準備や、岡山の観光PR活動を行いました。国際通りを通行している方や土産物店などへパンフレットをお渡ししました。また、地元ラジオ局である琉球放送を訪問し、番組の生放送に出演してPRしました。緊張しましたが、パーソナリティの方々と楽しくお話できました。私たちのファッションショーの開催について、激励してくださいました。

明日のファッションショーは、歩行者天国になった国際通りに13メートルのレッドカーペットを敷き、特設ステージになります。13:30~、14:30~の2回公演です。最高のパフォーマンスができるよう、がんばります。みなさん、お楽しみに…。

課題研究発表会が行われました。

1月17日、18日と2日に渡り、農業科・造園デザイン科・農業機械科3年生による課題研究発表会がそれぞれの会場で行われました。農業科では、果樹・畜産・作物・野菜の分野から16題の発表があり、造園デザイン科では、生活環境類型・庭園施工管理類型・造園工学類型から9題の発表がありました。また、農業機械科では、6つのグループから発表がありました。3年生は、自分たちで作成したパワーポイントを使ってわかりやすく報告を行い、聴衆している後輩にその成果を伝えていました。アカデミックな取り組みやコツコツと取り組んだ作品作りの紹介などがあり、流石3年生だと思いました。

就職内定先事業所との連絡会

1月18日、3年生の就職内定先企業の担当者を招待し、該当生徒との連絡会を興陽高校で行いました。約60社の企業の出席があり、生徒への期待や入社までの心構えや過ごし方についてアドバイスをいただきました。

師走の農業科の実習風景を紹介します。

もみの調査

比重1.06の食塩水に浸けて浮いたもみを数え登熟歩合を求めます。

 

社会人講師の授業

黄ニラ大使の植田輝義先生から農業について学びました。

お米の配布

ファミリー稲作体験会で一緒に田植えをし、収穫をした自然乾燥朝日米4kgをご家族にクリスマスプレゼントしました。

もみがらの運搬 

水田にもみがらを入れるために袋詰めしたもみがらを運びます。

モミサブロウ

もみがらをトラクタの後ろの機械に入れて、水田の土の中に入れていきます。土作りと排水対策に行います。

精米ができた

科目「農業と環境」の授業で収穫した精米を袋づめしました。冬季休業中の課題として各家庭に持ち帰り、炊飯して試食します。

 

黒大豆の脱穀

正月用の丹波黒大豆の茎葉をビーンハーベスターにかけて、黒大豆だけにしました。

黒大豆の調整

正月用の黒大豆の調整です。しわ、割れ、未熟粒を取り除きました。

試食

学校で栽培した朝日、にこまる、きぬむすめを炊飯器で炊いておにぎりにして試食し、人気投票をしました。

たまこで販売

クリスマスの12月25日、アンテナショップ「たまこ」で草花苗、卵、米、トマトなどを販売しました。

赤米の脱穀

紅染もちの赤米を小型もみすり機で玄米にしました。

5kmマラソンで快走中!

1月17日午前9時、気温2.6度、冷たい干拓地風が吹く中、AとL科の3年生が体育館前から一斉に走り出しました。実際には、女子が最初にスタートして数分後に男子がスタートしました。これは毎年恒例の5kmマラソンで、全学科全学年の生徒が体育の授業で走ります。これにより持久力を高め、風邪への抵抗力を高めます。今日の最速ランナーは、農業科3年生男子生徒で19分22秒でした。保健体育の先生以外も力試しに多数参加していました。近くで見ていたレポーターは、寒さに震えながら応援しました。

沖縄“ 国際通り”でのファッションショーに向けて練習中

1月20日(日)に沖縄県那覇市の国際通りで岡山県観光PRのイベントが行われます。この企画は、岡山ー沖縄線が就航30周年を迎え、沖縄便を活用した教育旅行モデルとして、また、那覇市国際通りの新しい活用の一つとして岡山県と岡山県観光連盟、那覇市国際通り商店街振興組合連合会と日本トランスオーシャン航空(株)が企画したものです。この度、興陽高校の被服デザイン科3年生の16名が、卒業製作発表会としてファッションショーを行います。自分たちが製作したドレスや先輩の製作したドレス、岡山デニムを生かした作品などを披露し、岡山県をPRをします。写真は1月17日、校内での最終練習の様子です。気温4度の中、生徒たちは一生懸命リハーサルを行なっていました。なお、沖縄での当日の様子については、ブログで紹介する予定です。お楽しみに!

西日本豪雨災害支援活動講演会

平成31年1月8日(火)13:00~14:00

家庭クラブ活動として、西日本豪雨災害支援活動講演会を実施しました。

今回、講師としてお越しいただいたのは、岡山県内の被災地の子どもと子育て中のママを支援されている団体の「サンサポートオカヤマ」の代表 ボウズ満恵様と岡本恵様、そして、倉敷市真備町で被災された黒木知子様の3名です。

「サンサポートオカヤマ」の活動内容、真備町での被害の様子や避難所での生活などについて、お話をお聞きしました。
今は普通に当たり前に生活を送っている自分が、いつ被災者になってもおかしくない状況があります。もし自分が当事者になったら?と考えさせられ、被災者の方々を中心に考え、寄り添っていける行動がとれるようになることが大切だと感じました。
今日のお話をお聞きし、私たち家庭クラブ員も何かお役に立てることがないか、みんなで考え、行動していきたいと思います。

家ク講演会1 家ク講演会2 家ク講演会3