家庭クラブの生徒が藤田公民館で小学生に手芸を教えました!

1 日 時 : 令和元年8月19日(月)9:45~12:00                     2 場 所 : 岡山市立藤田公民館                                3 講座名及びテーマ : あつまれ!公民館                         「高校生におしえてもらおう!手芸でかわいい小物をつくるよ」

家庭クラブ教養部(家政科・被服デザイン科2年生)の生徒25名が、藤田公民館の講座で、集まってくれた小学生26名と一緒に”かわいい小物”づくりを楽しみました。小物の1つは、ポケットティッシュカバーです。 長さを測り、しるしをつけ、布用の糊で貼り合わせ、さらに折り重ねて、ミシンで縫い、ネームシールをアイロンで貼り、完成しました。 もう1つは、デコレーションマグネットです。 マグネットに合成樹脂のクリームを絞り出し、ビーズやスパンコール等を上手に使って飾りつけ、思い思いのオリジナルのマグネットを完成させました。

「普段、小学生と関わることがないので、最初はどう話しかけたら良いかと考えましたが、 小学生の方から話しかけてくれ、とても楽しく進めることができました。」 「小学生の子たちは、好きなように自由に表現していて、すごく可愛いデコレーションが完成し、びっくりしました。とても楽しかったです。」 「ミシンを一緒にやるときは少し心配だったけど、レバーを押してもらったり、コントローラーを足で踏んでもらったりして、一緒にできて良かったです。」 「教えるのは難しくて大変だったけど、ポケットティッシュカバーが完成した時に、とても嬉しそうな顔をしてくれたので、良かったなと思ったし、私も嬉しくなりました。」 他に、「楽しかった」「またこんな機会があれば参加したい」との感想が多く出されました。 高校で学んでいる”ものづくり”を教える機会をいただけて、ありがたかったです。 他の多くの生徒たちにも今後、このような経験をさせたいと思います。

トマトハウスに環境制御装置を設置

8月1日、雨よけハウスにDIYで制作したアルスプラウトシステムの環境制御装置を設置しました。制御対象機器や外部気象センサーとの接続、クラウドサービスとの連携などのセットアップ作業は8月26日に実施し、9月からのトマト栽培に活用する予定です。温度・湿度、二酸化炭素濃度、日射量、土壌水分量、EC値を測定することができます。ハウスの外には外気象センサーがあり、温度・湿度、照度、感雨、風向・風量を測定することができます。

ドローンでイネの生育状況を分析(リモートセンシング)

8月6日、株式会社ファームアイに依頼して興陽高校の水田を分析していただきました。ドローンを使って30m上空から特殊なカメラで撮影し、地力や生育ムラの分析を行います。1haを約8分で撮影することができます。約1時間でイネを作付けした14ha全体を撮影する予定でしたが、あいにく今日は台風の影響で途中中断することとなりました。今週中にすべての撮影を完了させ、9月にはその分析結果をいただき、今後の栽培管理に役立てる予定です。今日の様子は、ココをクリックすると見ることができます。なお、この取り組みはJA共済連の支援を受けて実施しています。

最新型の田植え機がやってきた!

8月5日、興陽高校に最新型の田植え機がやってきました。学校で導入したのは、ISEKIの8条植え田植え機「さなえ NP80」で、GPS直進アシスト機能と可変量施肥機能を有しているのが大きな特徴です。GPSセンサーは屋根の上にあります。また、車輪にECメーターが設置されており、田植え時に土中の肥料濃度を測定し、肥料成分の多少に合わせて施肥量を調整して施肥することができます。これによって施肥量を節約することが期待できます。なお、6月28日にヰセキ中国の協力によりデモ機で行った田植えでは、20%程度の減肥効果が確認できました。来年度は、この最新型田植え機を活用して、環境に優しい農業&スマート農業を実践していきたいと思います。

書道部が興除公民館で小学生に習字を教えました!

 書道部ボランティア

1 日 時 : 令和元年8月3日(土)9:45~11:45                      2 場 所 : 岡山市立興除公民館                                3 講座名及びテーマ : 「夏休み学習お助け教室」

申込みをした小学生35人が、自分の希望する「絵」「習字」「工作」「ドリル」に分かれて、中学生・興陽高校書道部・退公連のボランティア約30人に助けてもらいながら、課題に取り組む「夏休み学習お助け教室」が開催されました。  

書道部の生徒4名は、小学2年生から6年生までの8名の習字の宿題のお手伝いをさせていただきました。  はじめて習字に挑戦する児童に筆の持ち方から教えたり、お手本を書き、それを見ながら練習する児童を励ましたり・・・と、一人ひとりに児童の要望に応えながら、習字を書くお手伝いをさせていただきました。

 「教えるのがすごく大変だったけど、綺麗な字が書けたときに喜んでくれて、うれしかった。」  「初めて人に教える立場になり、戸惑うこともありましたが、とても楽しく教えることができました。」 「どんどん綺麗になっていくのが見られて楽しかった。」 「いろんなことが小学生から学べて良い経験になった。」・・・などなど・・・お手伝いをさせていただいて、良かったとの感想が出されました。 このような機会があれば、他の多くの部員にも経験させたいと思います。

書道部が藤田公民館で小学生に習字を教えました!

書道部ボランティア

1 日 時 : 令和元年8月2日(金)10:00~12:00
2 場 所 : 岡山市立藤田公民館
3 講座名及びテーマ : あつまれ!公民館(青少年育成講座)
「高校生に教えてもらおう!いっしょに習字を書くよ」

書道部の生徒9名が藤田公民館の夏休み講座で、小学3年生から6年生までの11名の習字の宿題のお手伝いをさせていただきました。
お手本を書いたり、手をもって一緒に文字を書いたり、一人ひとりの児童に寄り添いながら、書くことのお手伝いをさせていただきました。

生徒からは、                                              「どんどん上手になっていって、とても教えがいがあった。」
「綺麗な字を書いてくれて嬉しかった」
「たくさんお話ができて楽しかった」
「「いつもより上手に書けた」と言われて嬉しかった」・・・などなど・・・                お手伝いをさせていただいて、良かったという感想が出されました。
このような機会があれば、他の多くの部員にも経験させたいと思います。

応援ありがとうございました

7月29日から8月2日まで、沖縄県で開催された令和元年度全国高等学校総合体育大会自転車競技参加にたいしては、多くの皆様に暖かいご声援や、ご支援をいただき無事終えることが出来ました。選手はもとより、サポートをした部員達も全国のレベルの高さを感じ、今後の生活で大きな糧となったと思います。毎日の練習において切磋琢磨した仲間達や、陰ながら応援してくれたマネージャーに感謝します。3年生は、一旦区切りがつきますが、これから次に向かって1、2年生頑張っていきます。