ゼロハンカー大会 優勝!(興陽 農業機械科)

12月24日(日)高梁川の河川敷で行われた、「第15回 全日本高等学校ゼロハンカー大会 24分耐久レース」(遠くは三重県、福岡県から合計50台が出場)に興陽高校農業機械科の生徒が出場し、見事優勝しました。優勝したのはゼッケン46番「興陽羅王百式号」でドライバーは3年生の鎌田一孝君です。一次予選タイムアタックで26秒23の最高タイムを記録し、順当に決勝まで駒を進め、期待通りの安定した走りで栄光を勝ち取りました。昨年度の準優勝に引き続いての快挙です。100周年を記念して製作した車両での成果は、興陽高校の歴史に花を添えてくれました。なお、本校からゼッケン19番「興陽ガ王号」とゼッケン34番「興陽 將生くんMkⅡ」を含め3台が出場し、いずれも素晴らしい走りを見せてくれました。この大会で3年生チームは引退、先輩を思いを引き継いだ2年生チームが、次の大会に照準を合わせ頑張ります。右の写真は、高さ1.7mの特大トロフィーと車両を囲んで担当生徒全員(3年生と2年生)の記念写真です。

11月農業科農場アラカルト(その2)

玄米の袋詰め

一年間かけて作ったお米を玄米にし、紙袋に30.5kg入れてひもでくくります。

紅染もちの試食

もちつき器を使って赤米もち「紅染もち」100%でもちをつくり、みんなで試食しました。
もちの粘りは少なく、香りも弱いので食べやすい赤米もちでした。

パネルづくり

文化祭で実習風景を画像をプリントしパネルに貼り付けました。

里海米ができた

カキガラを入れることで、肥料や農薬を地域栽培時の半分にして育てた特別栽培朝日米「里海米」が出来ました。

ふくのこのもみすり

高アミロースの「ふくのこ」をもみすり機にかけて玄米にしました。

水分測定

出荷された玄米の水分を水分計で測定します。15%で合格でした。

米粉入り卵焼きカステラの試作

学校で生産したお米を半鐘屋さんに微細粒粉にして頂きました。その米粉を使って学校の卵と一緒に卵焼きカステラを試作しました。

 

 

 

岡山空港ファッションショー

12月23日(土)「高校生による岡山空港文化祭 -クリスマスフェスティバル2017-」で被服デザイン科3年生がファッションショーを行いました。

国際線出発ロビーの桃太郎のステンドグラス前で、家族連れや外国人の旅行者など多くの方々に見ていただくことができました。

2017年最後の校外でのファッションショーとなりました。

岡山の伝統文化への米の活用

12月13日(水)農業科3年生全員を対象に、「岡山の伝統文化への米の活用」として、すし亀の大将の小亀 英紀さんにご講義いただきました。
講義の後、大将の計らいで、巻き寿司の実習もしていただき、岡山の食文化を味覚からも感じさせていただきました。

黄ニラ大使から講義いただきました。

12月13日(水) 中四国農政局の出前講座として「職業としての農業」という講義を黄ニラ大使をされている著名な黄ニラ・パクチー農家の植田輝義さんに講義していただきました。
農業を学び始めたばかりの農業科1年生が対象でしたが、とても興味深い話に聴き入ってしまい、あっという間に時が流れました。

休憩時間には生徒たちが植田さんから離れません。

NHKにも取材していただきました。

11月農業科の取り組み紹介

穀さし

学校で生産したお米の検査があり、実際に穀さしを体験しました。

ジャガイモ

秋作のジャガイモを作りました。キタアカリとデジマを収穫しました。

新米販売 

放課後実習でお米の販売をしました。お車まで積み込みます。重いけど楽しい。

おにぎり

お米の販売を今日も夕方の5時30分までしました。おにぎりを作って試食しました。

お酒を販売

学校で作った酒米「雄町米」を酒屋さんがお酒にして下さいました。文化祭で一緒に販売しました。

玄米の展示

文化祭に向けて学校で作ったイネのもみと玄米の展示物を用意しました

イネの展示

文化祭で学校で栽培したイネを展示しました。それぞれ長さや稲穂の様子が違います。

サツマイモ

収穫の秋です。鳴門金時を作りました。焼き芋にして味わおう。