書道部が興除公民館で小学生に習字を教えました!

 書道部ボランティア

1 日 時 : 令和元年8月3日(土)9:45~11:45                      2 場 所 : 岡山市立興除公民館                                3 講座名及びテーマ : 「夏休み学習お助け教室」

申込みをした小学生35人が、自分の希望する「絵」「習字」「工作」「ドリル」に分かれて、中学生・興陽高校書道部・退公連のボランティア約30人に助けてもらいながら、課題に取り組む「夏休み学習お助け教室」が開催されました。  

書道部の生徒4名は、小学2年生から6年生までの8名の習字の宿題のお手伝いをさせていただきました。  はじめて習字に挑戦する児童に筆の持ち方から教えたり、お手本を書き、それを見ながら練習する児童を励ましたり・・・と、一人ひとりに児童の要望に応えながら、習字を書くお手伝いをさせていただきました。

 「教えるのがすごく大変だったけど、綺麗な字が書けたときに喜んでくれて、うれしかった。」  「初めて人に教える立場になり、戸惑うこともありましたが、とても楽しく教えることができました。」 「どんどん綺麗になっていくのが見られて楽しかった。」 「いろんなことが小学生から学べて良い経験になった。」・・・などなど・・・お手伝いをさせていただいて、良かったとの感想が出されました。 このような機会があれば、他の多くの部員にも経験させたいと思います。

書道部が藤田公民館で小学生に習字を教えました!

書道部ボランティア

1 日 時 : 令和元年8月2日(金)10:00~12:00
2 場 所 : 岡山市立藤田公民館
3 講座名及びテーマ : あつまれ!公民館(青少年育成講座)
「高校生に教えてもらおう!いっしょに習字を書くよ」

書道部の生徒9名が藤田公民館の夏休み講座で、小学3年生から6年生までの11名の習字の宿題のお手伝いをさせていただきました。
お手本を書いたり、手をもって一緒に文字を書いたり、一人ひとりの児童に寄り添いながら、書くことのお手伝いをさせていただきました。

生徒からは、                                              「どんどん上手になっていって、とても教えがいがあった。」
「綺麗な字を書いてくれて嬉しかった」
「たくさんお話ができて楽しかった」
「「いつもより上手に書けた」と言われて嬉しかった」・・・などなど・・・                お手伝いをさせていただいて、良かったという感想が出されました。
このような機会があれば、他の多くの部員にも経験させたいと思います。

応援ありがとうございました

7月29日から8月2日まで、沖縄県で開催された令和元年度全国高等学校総合体育大会自転車競技参加にたいしては、多くの皆様に暖かいご声援や、ご支援をいただき無事終えることが出来ました。選手はもとより、サポートをした部員達も全国のレベルの高さを感じ、今後の生活で大きな糧となったと思います。毎日の練習において切磋琢磨した仲間達や、陰ながら応援してくれたマネージャーに感謝します。3年生は、一旦区切りがつきますが、これから次に向かって1、2年生頑張っていきます。

インターハイ自転車競技 スクラッチ決勝で3位!

8月1日、沖縄県で行われているインターハイ自転車競技にて、農業科3年の小西裕也君がスクラッチ決勝で3位となりました。おめでとうございます。白緑ヘルメット・番号17が小西君です。

また、造園デザイン科3年の藤原優斗君が3kmインディビデュアルパーシュートで11位となりました。おめでとうございます。

藤原優斗君 11位!

インターアクトクラブ 西日本豪雨被災地・真備町訪問

6月22日、興陽高校インターアクトクラブの39名が、真備町を訪問し、寄付金贈呈と被災地支援ボランティアを行いました。寄付金は、昨年度の文化祭で行ったバザー「フェアトレードで被災地応援」の売り上げで、被災地で活動する団体「川辺復興プロジェクト  あるく」と「真備町写真洗浄@あらいぐま岡山」の代表の方に、興陽高校で栽培したガーベラ(花言葉は、希望と前進)を添えてお渡ししました。午前中は、「あるく」の槙原さんから、被災後のリアルな様子や災害後の復興に向けての取り組みについてお話があり、日頃の防災意識をしっかりと持つことの大切さ、人とのつながりを持つことの大切さを学びました。その後支援活動として毎月発行している「あるく通信」を届けるための封筒に挿し絵や励ましのメッセージを書く活動を生徒全員で行いました。

午後からは、災害で汚れた写真を洗浄する活動をしている森田さんの指導を受けて、思い出のつまった写真をウエットティッシュを使って綺麗にする作業を行いました。生徒たちは、実際に川辺町に足を運んだことで多くのことを学んだと思います。これから先、いつ災害にあうかわかりません。常に防災、減災を意識し、自らの命と大切な人の命を守るために行動できる力を身につけてください。そして自分たちでできる支援活動をインターアクトクラブの部員として実行して欲しいと思います。

最後に今回この企画をしていただきました岡山西南ロータリークラブの皆様に感謝申し上げます。

自転車競技部 ☆中国大会で47年ぶりの総合優勝☆

中国大会6月16日広島県立中央森林公園サイクリングコースで開催された、中国地域高等学校対抗自転車道路競争大会(ロードレース)において、農業科3年小西裕也が第1位、造園デザイン科3年藤原勇斗が第4位に入賞。結果学校対抗で1位となりました。この競技では、昭和46年に優勝してから実に47年ぶりのこととなります。これで先々週のトラック競技と合わせ、6名のインターハイ出場が決まりました。今までの練習成果と、多くの声援があったからこそ、結果が出たと感謝しています。次は沖縄インターハイに向けて、練習していきます。

中国大会出場おめでとう!

6月12日、クジラの庭で中国大会に出場する なぎなた部、卓球部、弓道部の選手たちを激励する壮行式を行いました。日頃の練習の成果を思う存分発揮して納得のできる結果を残して欲しいと思います。また一回り成長してくれることを期待しています。

興陽高校インターアクト部 バッチ授与式

6月5日の放課後、岡山西南ロータリークラブの役員をお迎えし、興陽高校インターアクト部のバッチ授与式を行いました。本年度入会した24名の新入部員が、一人一人抱負を述べた後、発表会員バッチをいただきました。三村会長からバッチの意味についてのお話があり、奉仕の精神を汗を流しながら体得することの大切さについて学びました。本年度がインターアクト部の50周年の年、本校のボランティア活動の中心的存在として総勢42名の部員が活動します。