地域の一人暮らしの高齢者の方に手作りお菓子をお届けしました。

 家政科食物科学類型では、学習したことを生かしてメニューからパッケージまで自分たちで創作したお菓子やお弁当を、藤田地区の民生委員の皆様にご協力いただき、一人暮らしの高齢者の方にお届けしています。この取組は、平成6年度から始まり、令和3年には日本善行表彰(社会福祉部門)を受賞しました。
 今年度もコロナ禍ではありますが、感染症対策を十分に講じて調理したお菓子を、高齢者の方にお届けしました。

さつまいもマドレーヌです。さつまいもの美味しさが味わえるよう、配合を工夫しました。

今回の唯一の和菓子の桜しぐれです。桜の塩漬けで塩味を加え味に変化をつけました。

「私たちが作ったお菓子を見てください!心を込めてつくりました。」

今回も卵や米粉、小豆など興陽産の材料を使用しました。中でも黒大豆は、家政科の私たちが苗から育て収穫したものを甘煮にして使用しました。

六区保育園児と一緒に興陽高校でサツマイモの苗を植えました 家政科・被服デザイン科3年生と農業科3年野菜類型の生徒と一緒に楽しく交流しました。 令和4年5月25日(水)10:30〜11:40

ようこそ興陽高校へ
今日は六区保育園の園児が興陽高校の野菜畑でサツマイモの苗の植え付けの体験に来ました。苗を植えるお手伝いは興陽高校3年の家政科・被服デザイン科、農業科野菜類型のお兄さんとお姉さんです。たくさん植えてくださいね。
サツマイモの植え方
 パネルを使ってわかりやすくサツマイモの苗の植え方を説明しました。
苗をもらってね
農業科のお兄さんからサツマイモの苗をもらいました。さあ植えよう。
 1株ずつ
マルチの穴が開いているところに、1株ずつ移植ごてを使って苗を植えていきます。
にぎやかな野菜畑です
みんなで苗を植えました。たくさん植えたのでたくさんのサツマイモができるといいですね。
また来てね
ありがとうございました。保育園児のみなさんもとても楽しんでいました 次回は秋のいもほりです。それまでのイモの管理は農業科3年生に任せてね。また一緒に楽しく交流しましょう。

ひつじの毛刈り体験。 おかやまフォレストパーク「ドイツの森」から講師の先生に来ていただき、ひつじの毛刈りを学びました(6月1日11:00~12:40 3,4時間目) 農業科3年畜産選択の生徒です。

開会
開会です。「ドイツの森」から講師の先生3名が毛刈りの指導に来てくださいました。
ヒツジの保定
毛刈りの実演。まずヒツジの保定の仕方を学びます。上手に保定するとひつじがおとなしくなります。
毛刈りスタート
毛刈りのスタート。お腹から後ろ足にかけて毛刈りをしていきました。最も難しい部分のためやり方を見せていただきました。
体験
体験。講師の先生の指導を受けてひつじの毛刈りのスタートです。
あと少し。
あとすこしです。毛刈りもとてもスムーズです。ひつじも暴れることはありませんでした。
仕上げ
仕上げ。きれいに毛を刈ることができました。
毛刈り後のひつじ
ひつじも満足です。暑かったでしょうか?毛をきれいに刈ってくれてひつじもご機嫌です。今日は講師の先生のご指導でとても貴重な実習をすることができました。ありがとうございました。