保健室へようこそ
保健室は・・・、
主に救急処置・保健指導・健康診断・健康相談・環境衛生などの
学校保健活動を行うところです。

けがや体調不良の時はもちろん、体や心のことで相談がある時、
健康について学習したい時などにも保健室を利用してください。
保健室利用のルールとマナー
1. あいさつをして入りましょう。
2. けがや体調不良で保健室を利用する時は、教科や担任の先生に伝えてきましょう。
3. 保健室での休養は原則1時間(50分)です。
4. 内服薬は使用しません。
5. 救急処置のみで継続的な処置はしません。
6. 保健室で使用した物は元に戻しましょう。
7. 保健室で救急処置を受けた時は、帰宅後お家の人に伝えましょう。
8. 学校でのけがで病院へ行った場合は、諸手続きがありますので報告してください。
活動記録
感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの予防について

救急法についての研修

熱中症等対策について
     
出席停止について
学校は、多くの子供たちの集団生活の場であり、学校教育が円滑に実施され成果をあげるためには、
学校や保護者が心得ていなければならないことがたくさんあります。
学校における感染症予防もそのひとつであり、保護者の方にぜひ正しいご理解とご協力をお願いいたします。
学校において予防すべき感染症の種類は次のとおりです。

病名
第1種 エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘そう,南米出血熱,
ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱,急性灰白髄炎,ジフテリア,
重症急性呼吸器症候群
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)
鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであって
その血清亜型がH5N1であるものに限る。)
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く),
百日咳,麻しん,流行性耳下腺炎,風しん,水痘,
咽頭結膜熱,結核,髄膜炎菌性髄膜炎
第3種 コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,
腸チフス,パラチフス,流行性角膜炎,急性出血性結膜炎,
その他の感染症

上記の感染症は、学校保健安全法第19条の規定により、出席停止の取り扱いをいたします。
この期間は、欠席扱いにはなりませんからお含みのうえ、治療に専念してください。
なお、感染症が治って登校するときには、医師の診断を受け治癒証明書を担任へご提出ください。

詳細はインフルエンザ等の出席停止期間基準の変更について(H24.12.21発行)をご覧ください。


 
高校3年対象 はしか予防接種について
麻しん(はしか)の流行を防ぐため、平成20年度から5年間に限り、高等学校3年生に相当する年齢を対象に、
麻しん(はしか)・風しんの定期予防接種(無料)が実施されています。
趣旨をご理解をいただき、接種をされますようお願いします。詳細は下記をご覧ください。
麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの接種について
2回の予防接種で、はしかはなくせる(国立感染症研究所)


本ページおよび関連ページに掲載の文書や画像等の無断転載を禁じます。
Copyright (C) Koyo High School all rights reserved.